FC2ブログ

Sapporo Book Coordinate

【さっぽろブックコーディネート】 さっぽろの街と人(sapporo)」と 「本(books&zines)」との出会いをコーディネート(coordinate)します。
Posted by Sapporo Book Coordinate 尾崎実帆子(ブックコーディネーター・ライター)   0 comments   0 trackback

ポロコを退職して2年。

前職を辞めてから、ちょうど2年。

創刊5年目ほどの月刊誌「poroco(ポロコ)」に就職し、約8年間。

そのうち、産休・育休を取り、時短で勤務していたので
キャリアとしてはそれほど多くを積み上げられたわけではありませんが、
なかなかディープで得がたい経験ができたと思っています。

営業職を経て、営業企画・広告企画制作。
大変なことも多かった雑誌の仕事ですが、
誌面づくりは楽しさもやりがいもあり、
このまま続けられるものなら続けてみたい、と思うこともありましたが、
諸事情もあり、これもタイミングかなと33歳で辞めました。

思えば、この会社の就職面接(当時25歳)で、
「35歳には本屋を始めたい」と社長に言っていたのでした。

結果として、辞めたのはいいタイミングでした。結果オーライ!

今、35歳。店舗を構えるには至っていませんが、
支えてくださっている皆さまのおかげで、
小さくとも商売として「本屋」を名乗ることができています。

前職でも、前々職でも、
そのあいだに勤めたいくつかのアルバイトなども、
仕事そのものについてもそうですが、
いつでも、本当に周りの方々に大変お世話になりました。

それらの経験は、すべて役に立っているし、
これからも「あ、こんなところで、あの経験が…!」と
思うようなことがたくさんあるような気がしています。


そんな、年度末最終日でした!

2012033121310000.jpg

スポンサーサイト