Sapporo Book Coordinate

【さっぽろブックコーディネート】 さっぽろの街と人(sapporo)」と 「本(books&zines)」との出会いをコーディネート(coordinate)します。
Posted by Sapporo Book Coordinate 尾崎実帆子(ブックコーディネーター・ライター)   0 comments   0 trackback

宇宙に飛んでいくウナギ、その答えは・・・

先日の次男(5歳)からの難題、
「なぜクラゲやウナギが、宇宙にとんで行くのか?」
情報源が特定できました。

IMG_4000.jpg
「しぜん うなぎ <キンダーブック>」(フレーベル館)
図書館で借りてきました。

この本の「うなぎの ふるさと」という項目。

左ページは、日本を含む太平洋の図。
沖縄海域あたりから始まる矢印が、フィリピン沖に向かい、
“超新星”っぽい(?)イラスト(うなぎが生まれる海域らしい)。

そして、その右ページ(折りたたみ式)を開くと、
「すきとおった うなぎ」として、うなぎの子ども=「しらすうなぎ」が
黒(濃紺に近い)を背景として、
無数に光る水泡の中を泳いでいる写真。

体が透明だから、背景を黒くして撮ったのだと思いますが、
これは、前ページからの流れ的にも、写真としても、
たしかに、「宇宙を飛ぶウナギ」に見える!

次男の解釈としては、
ウナギは、九州のほうから(地図上では沖縄あたりだけど)発射して、
宇宙に飛んでいくのだ、と。


ちなみに、「宇宙を飛ぶクラゲ」も、
同じシリーズ「しぜん クラゲ <キンダーブック>」で見たそうですが
図書館には無かったので未確認。

きっと、宇宙遊泳っぽく演出されたクラゲが載ってるんだろうなと思います。


子どもって唐突に、禅問答のようなことを聞いてきます。
頭の体操になります(^^)
スポンサーサイト