FC2ブログ

Sapporo Book Coordinate

【さっぽろブックコーディネート】 さっぽろの街と人(sapporo)」と 「本(books&zines)」との出会いをコーディネート(coordinate)します。
Posted by Sapporo Book Coordinate 尾崎実帆子(ブックコーディネーター・ライター)   0 comments   0 trackback

ダイニングキッチンのキャビネットの引き出しの中の本

ダイニングキッチンの本棚に続いて、
今日は、ダイニングキッチンに置いてあるキャビネットの
最下段の“引き出しの中”の本棚を、
ゆるりとご紹介します。


ダイニングキッチンの本棚には、
買ったばかりだったり、
読んでいる途中だったり、
読み返してみたくなったりして、まだ読み返していなかったり……

ということで、統一性のない本が並んでいましたが、
「最近の私」が、一番表れているとも言えるかもしれません。


さて引き出しを開けてみると、
おやおや、こちらは少し統一感があるみたいです。

※いちいちamazonにリンクを貼るのはやめました。
「おかしな本棚」でも「背表紙が伝える」と言っていましたし。

2011102520440000.jpg

(↑引き出しそのものを写すのはちょっと恥ずかしいため、
 テーブルに載せてみました。
 でもじつは、これは全体の半分です。残り半分は、また後日。)


この、右から3分の2くらいまでの、すばらしい統一感。
本に関する本がいっぱいですね!
さすが、ブックコーディネート業な私(^^)

これは“やらせ”ではありませんよ。
本当に今、「ダイニングキッチンのキャビネットの引き出し」に収まっています。

キッチンは、主婦の「基地」です。
家事をしながら、仕事のことを考えるんです!!

・・・というとすごく仕事熱心?のように見えるかもしれませんが、
あまりそんなことは意識していません(笑)

単に私は、
「本について書かれた本」や、「本屋について書かれた本」が好きなだけです。

気が向いたら、適当にページをパラパラとめくるだけで、
家事地獄から解放されるのです。
(↑最後の1行は、かなり言い過ぎました。地獄と言えるほど家事していません。笑)


さて、左3分の1は、また何の統一感もありませんでした。

ダイニングキッチンの本棚から押しやられて
引き出しに押し込まれた本や、

友人に、「今度貸してあげるね」と約束していて、
まだ貸していない本や、

いつか必ず読むぞ!と自分に言い聞かせながら
未だに読んでいない本など(苦笑)。

次回は、たぶん、
「ダイニングキッチンのキャビネットの引き出しの本~後編」をお送りします。
スポンサーサイト